漢方薬の副作用はコレに注意しよう

漢方薬は、野生にある植物の根や、葉を使用して作られたもの、
動物や鉱物などの生薬を組み合わせて作られたものが、一般的です。
自然にあるものを使用して作られたものであるため、
漢方薬は、西洋医学のお薬と比べても、副作用が少ないと言われますが、
100%副作用がないということではありません。


また、漢方薬は普通の薬と比べて即効性がありません。
穏やかにじわじわと効果を感じられるものとなりますので、
そのあたりも、頭に入れておきましょう。


一般的に、漢方薬の副作用には、胃腸障害や、血圧上昇、
尿量減少、増量、偽アルドステロン症、むくみなどがあります。
そしてこれらが引き起こされる可能性があるのが、
にんじん、大黄、甘薬、麻黄、附子、甘薬、麻黄、附子、竜胆草などです。


いずれも、副作用が出やすいとされる漢方薬ですので、
服用する際は、漢方専門医の注意を正しく聞き、注意して服用するようにしてくださいね。
顔そり