債務返済の分割返済は許されるか

雑誌の宣伝広告、街中に張り付けられた広告やダイレクトメールなどで「債務の整理整頓任せなさい」「多重借金を一本化したくありませんか」というような広告を読むことがあります。

こういうのは、「整頓屋」「買取専門人」「紹介者」と呼ばれている悪徳業者の詐欺広告のときが存在します。

それらを依頼した場合には自己破産申し立てフローの中で最重要な免責承認を受けられないリスクもあります。

「整頓人」の場合は、ダイレクトメールなどで借金のある人を引きつけ、サービス料を受け取って負債整理をしますけれど結局は債務整頓はなされず、借金者は一層の負債スパイラルに陥る失敗がすべてと言えます。

「買取専門人」では当人のクレジットカードで、新幹線の券などをたくさん買い入れさせて当人からその品を販売額の1割や半分で買取るという方法が主です。

債務人はその瞬間は現金がもらえますがそのうちカード企業経由で商品の販売額の催促が送られて来ることになり、本当は負債額を増やすことになります。

このときはカード業者へ詐欺として免責判定を受けられなくなります。

「紹介者」では、金融業者から拒絶された債務人に対し、融資はしないでおいて、資金提供をする関係無い業者を知らせ、法外な依頼料を取っている業者です。

紹介業者は手の込んだ手引きで資金提供してもらえたというように説明しますが本当のところは何もしないで、ただ単に調査の甘めのルートを教えているだけというやり口です。

このときも実際のところ債務をアップさせることになります。
借金のせいで差し押さえされる前にできること