借金をうまく返済する方法


月刊誌のチラシ、スポーツ新聞紙、電柱に張り付けられた宣伝やダイレクトメールで「多重債務の片付けやります」「負債をひとつにしたくないですか」という惹句を読むことがあります。

そのようなものは、「整理業者」「買取人」「紹介者」という名称の業者の嘘広告のときがあるということです。

それらを利用したときには自己破産の中で免責承認をもらえない危険性がありえます。

「整頓人」とは、広告などで多重負債者を寄せ集め高い費用を受け取って債務整理を行うのですが本当は負債整理は行われないで、債務人はもっと債務地獄に落ちる結末がほぼすべてになります。

「買取屋」は、借金者のローンでコンサートの券をいっぱい買わせて債務者から購入した品々を売値の20%ー半額で購入するという手段のようです。

債務者は一時的には小金が手に入りますがそのうちクレジット企業による購入物の督促が送られて来ることになり、結局は負債を増やす結末で終わります。

この場合はクレジット会社への詐欺ということで免責判定を手に入れられなくなります。

「紹介者」の場合名の知れた金融業者から借りられなくなった債務人へ、資金提供はせずに、資金提供を可能な違う同業者を紹介して、依頼料を受け取る悪徳業者です。

紹介業者は直接の経由で資金提供が受けられたというように話しますが本当のところは何もしないまま、ルールのゆるい業者を説明しているだけなのです。

結局のところ負債額を増大させることになります。
借金を返したい